辞めてからが大変だった転職活動

転職は辞めてからよりは在職中がいい

転職を考える時に、悩む事の一つとしてこの様な事があります。それは、今の仕事を辞めてから就職活動に入るか、転職先に内定してから辞めるのかといった事です。転職すると言う考えがあるということは、大抵の場合、今の職場に不満を持っている場合が多いので、ほとんどの人は今すぐにでも辞めて、身軽になって就職活動をしたいと思っています。しかし、現実的には次の就職先はまだ全く決まっていないのです。という事は、辞めてから次の就職が決まって初めての給料日が来るまでは無収入のまま生活をしなければなりません。

余程、次の就職先に内定する自信やコネがある場合を除き、出来ることなら今の仕事を続けながら転職の活動を密かに進めて内定を貰ってから退職する方が望ましいのです。その際に、転職先の面接などで不利になる事がないかという心配が頭に浮かびますが、それなりの意欲と誠意が伝われば内定はもらえるはずです。長い間、フラフラと就職活動を続けているニートなどに比べれば、誰が見ても今は他社でも、きちんと働いている人が良いに決まっています。

ただ、就職活動を進めるにあたって注意する事があります。それは、転職先に内定をもらうまでは絶対に会社関係者には誰にも公言しないという事です。これは、ちょっとした事で社内にこのような行動をしている事が広まってしまうと、途端に上司達からの目が厳しくなり、とても居ずらくなってしまうのです。ひどい場合は、陰湿ないやがらせなどで退職に追い込まれるケースもあります。面接や試験などで何度か会社を休まなければなりませんので、その時の対応策も考えておきましょう。

注目の情報

Copyright (C)2017辞めてからが大変だった転職活動.All rights reserved.