辞めてからが大変だった転職活動

転職するとき会社を辞めてからする手続き

コネやツテがあれば次の会社が決まっているので、そんなに手続きをすることは少ないのですが、普通転職をするとなると、多くの人は会社を辞めてから次を探すことになると思います。会社を辞めるとまず失業保険の手続きに入らないといけません。今まで勤めていた会社から辞めた時に貰える失業に関する書類を持って、最寄りの公共職業安定所に出向き、失業保険の手続きをするのですが、転職を考えて会社を辞めるということは、自己都合の場合が多いと思います。その場合は基準となる日から3カ月の待機期間があり4カ月目から失業保険が振り込まれるようになります。

そしてもう一つが社会保険の件です。今まで正社員で働いていれば、通常会社の社会保険に加入しているのですが、その場合、選択肢が2つあります。まず一つは期間限定でそのまま会社の社会保険に任意継続することです。その場合は通常会社と折半していた社会保険料が全て自分の支払いに変わるので単純に今まで支払っていた2倍の額になります。それからもう一つが国民保険への切り替えです。これは会社を辞めると社会保険を喪失したという書類を貰い住民票がある役所に出向き国民保険に切り替える必要があります。これは前年度の年収によって金額が変わるので、計算しどちらが安いかを考え、任意継続するか国民保険に切り替えるかを考えなければなりません。

転職は自分のスキルアップのために必要なことかもしれません。ただ辞めてからの手続きも少なくないので、何をすべきかを考えて行動していかなければなりません。
Copyright (C)2017辞めてからが大変だった転職活動.All rights reserved.