辞めてからが大変だった転職活動

転職を考えたとき仕事は辞めてから?

春ももうすぐ、そろそろ新卒者の入社式なんかもあるころかな。すごく期待に胸いっぱいだろうな〜。社会人になって、毎日仕事しているうちに、ちょっと違うな〜とかお給料の面や、中には人間関係などで、転職を考える人もたくさんいるはずなんだけど、みんな転職する際はどんな形で新しい就職先をみつけるんだろう。先日、IT関係の仕事をずっとしている弟がまた転職した。今回は仕事をやめてから。その前は在職中だったかな。彼は経験をつむためにいろんな会社を転々としてるだけれど、この就職難によく次から次へとみつけるな〜なんて関心するほど。在職中ならまだしも仕事をやめてからってかなり不安だったんじゃないかな〜と思う。それなりの貯蓄や、どんなところに転職するのかとか・・・とかやはり計画はあったようだけれど。計画なしでは、仕事をやめてからではきついかも。

さてどんな風にしたかというと、今回は就職エージェントなるものを使ったらしい。初めて聞きましたわたしとしては・・・都市の離れた弟なので、時代がちがうな〜。こちらと就職活動先の会社にはいって交渉してくれるらしい。そして成功すれば、就職先の会社から報酬をうけとるそうで・・・まぁたぶんこういうのをしてくれるのは、きっと弟のような何か技術やいい経歴があればの人だけなのかな。ちょっと聞いただけなのであいまいなのだけれど・・・でも何か資格やら技術職などがあれば、こういうエージェントにお願いするのも、転職への早道なのかも。いろいろ見ていると、やはり利殖後からの期間が長い人はだんだん転職が難しいなどというような記事を目にしたことがある。私のような普通の主婦で特に何もない人間は、今の時代転職はちょっと厳しいかな〜。辞めてからのことを考えて、もしもの貯蓄と、何か資格や勉強を常にしておいたほうがいい時代なんでしょうね。

注目の情報

Copyright (C)2017辞めてからが大変だった転職活動.All rights reserved.